肌で一番弱いのは顔

顔は、紫外線を外からの刺激を一番受けやすく、さらには皮膚が薄い場所です。
それなのに男性という生き物は、人間社会で生きる以上、身だしなみを整える為に髭剃りをします。
また女性も男性に清潔感を求める為、もはや剃る事は常識と言えます。
その他最近は男性も美意識が高くなっていますので、率先して綺麗にする人もいるでしょう。

勿論、剃る以外の方法で髭の処理をする人もいるでしょう。
でもたいていの日本の男性は、電気シェーバーか剃刀を使っています。
概ね6割程の人が電気シェーバーを使っているというアンケート結果もあります。

つまり、どういう手段であれ男性は剃っているわけです。
ですが、毎日髭剃りを行うと肌が弱まってニキビや吹き出物といった肌トラブルが起きてしまいます。
また直に肌を切ってしまって、出血してしまうという事もあるでしょう。
先程述べたように、顔は本来一番弱い場所なのですから起こるべくして起こったとも言えます。

 

何故髭剃り負けしてしまうのか?

よくあるT字の剃刀を使った事がある人は多いと思います。
確かにこの形の剃刀は、深剃りがしやすく、よく剃れます。
また安価なので、お求めやすいです。
しかし、肌との摩擦が大きい為、肌を傷つけてしまいます。
なので雑に扱うと肌が荒れる原因となってしまうのです。

電気シェーバーは、上記の剃刀より肌に優しいです。
ですが、こちらでも髭剃り負けする場合があります。
肌に優しいはずの電気シェーバーですが、毎日使えば刃が劣化していきます。
その状態で使えば、肌にダメージを与えてしまうわけです。

 

どうしたら髭剃り負けしないか?

髭剃り負けしない為に、手動の剃刀を使っている人は、電気シェーバーに乗り換えましょう。

そして電気シェーバーを選ぶ際には、往復式やロータリー式よりも回転式を使って下さい。
コチラだとトラブルが起きにくいです。

理由は、回転式の場合肌に触れる面積が大きい為です。
往復式では点のように、狭い範囲を深く剃っていきます。
その為肌に傷がつきやすくなります。
回転式はそういう事はないので肌に優しいわけです。

ロータリー式の場合でも刃が肌を巻き込んでしまう場合があります。
よって、回転式をおすすめするわけです。

但し、いずれの電気シェーバーの場合でも、シェーバーの洗浄といった手入れは必須です。
これをしないと細菌が増殖して、結局肌トラブルの原因になってしまいます。
その点は気をつけておきましょう。

私が参考にしたサイトはこちらです⇒髭剃り負け

関連記事


    抑毛剤であるゼロファクターは、店頭には出回っていないので、薬局やドラッグストアでは購入できません。 そのため、ネット通販で注文しないとゼロファクターを試せません。 また、通販でゼロファクターを購入して…


    脱毛サロンの全身脱毛は、回数パックと月額制の料金システムがあります。 回数パックは、はじめに何回お手入れするか回数を決めて 現金やクレジットカードで一括払いするもの。 月額制は、毎月決まった金額を口座…