摂取する薬が元来具えている習性や、患者さんの実態が要因で、適正に使用しても副作用が見られることもあり得るのです・・・