ロスミンローヤルはシミやしわ、そばかすに飲んで効く女性用保健薬です。
サプリメントではなく医薬品なので、少なからず副作用の心配をしてしまいます。

まず、医薬品は以下のように3つに分けられます。
第1類医薬品…副作用のリスクが高いため薬剤師以外は販売することができず、処方箋も必要になる
第2類医薬品…薬剤師でなくとも販売はできるが、対面販売が条件
第3類医薬品…副作用のリスクは低いと判断されていて、薬剤師でなくとも販売できる

ロスミンローヤルは第3類医薬品に該当するので、副作用の可能性は限りなく少ないと考えられ、ドラッグストアやコンビニ、通販からも購入できる医薬品ということになります。
ただし、用法・用量を守らなければ副作用のリスクは高まります。ロスミンローヤルは1日3回、1回3錠の服用になります。
例えば1回飲み忘れたからと、その分まとめて1度に6錠飲んだりすれば、何らかの副作用に見舞われる可能性はあります。
ロスミンローヤルは効能の部分に「妊娠授乳期・病中病後・肉体疲労・食欲不振などの場合の栄養補給」と記されているので、妊娠中や授乳期でも服用が可能ですが、なにかとデリケートな時期ですから念のため担当医に相談してから服用したほうがいいでしょう。
また、アレルギーを持っている人は成分表を確認する必要がありますし、他に薬を飲んでいたり、かかりつけの病院がある場合は担当医にロスミンローヤルの成分表を見てもらってから服用するのが安心だと思います。

ロスミンローヤルについて、詳しい情報はこちらです⇒ロスミンローヤル 副作用

関連記事